芸術鑑賞や自主事業の支援 文化行政サポートセンターのトップへ文化行政サポートセンターのサイトマップ文化行政サポートセンターのご案内文化行政サポートセンターへのお問合せ
トップ > 音楽(公演型プログラム) > 小規模公演に最適の企画集 > 打楽器雑技団 Percussion Performance Players

打楽器雑技団 Percussion Performance Players

一瞬たりとも見逃せない!
息をのむワザを次々に見(魅)せてくれる熱意に感動!

当楽団は、東京都公認ヘブンアーティスト

もはや、打楽器雑技団


PPP

Percussion Performance Playersを略してPPP(ピーピーピー)!
2004年、打楽器研究の権威、洗足学園音楽大学の出身者により結成。マーチングの技法を演奏に取り入れてパフォーマンスとして「見(魅)せて聴かせる」パーカッション・パフォーマンスグループ。
リーダー・元田優香が第19回日本打楽器協会新人演奏会でグランプリを受賞し、翌年の招待演奏会にて自作曲をPPPの演奏で披露。同年、20周年記念打楽器新人特別演奏会でのパフォーマンス性が注目され、2006年末、第57回NHK紅白歌合戦のドリカムのバックでマーチングスネアを披露して一気に全国区へ。PPPの存在は芸能界でも知られ、劇団四季「55STEPS」のマ-チング演出、編曲、指導も手掛ける。日本最大の音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」「日本管打楽器コンクールスペシャルコンサート」などに出演。他に類がない編成のため、演奏曲の多くは独創性に富んだオリジナル曲で、クラシックからロック、ワールドミュージックまでレパートリーは幅広い。
そのパフォーマンスは、一瞬たりとも見逃せない!

プログラム例

  1. PPPPrimitive Man
    スティックパフォーマンス
  2. Wake Up
    マーチングスネアドラムの技で目が覚める
  3. Pink Points
    ドラムセットのビートをバックにソロバトル
  4. When Action Ensued
    5人で1つのリズムを作り出す
  5. Cymbul Song
    金属製楽器のみを使った曲
  6. ボディーパーカッション
    人間打楽器
  7. 道化師のギャロップ
    シロホンの周囲を3人の奏者がぐるぐる回転しながら演奏
  8. 運動会メドレー
    運動会でお馴染みの有名な曲を種目別競技にてお届け
  9. ドレミの歌
    音階のある「ドレミパイプ」で演奏
  10. Africa
    民族楽器を使い、手拍子で全員参加
  11. 日本民謡メドレー
    マーチングアレンジでお届けします
  12. ENJOY PPP
    移動しながら様々な楽器を演奏

※対象観客によりプログラムは異なります

監修:生涯学習音楽指導員 重本昌信

[メンバー構成] 出演者5名 ほかスタッフ