芸術鑑賞や自主事業の支援 文化行政サポートセンターのトップへ文化行政サポートセンターのサイトマップ文化行政サポートセンターのご案内文化行政サポートセンターへのお問合せ
トップ > 音楽(公演型プログラム) > 日本の音楽 > 和楽器アンサンブル 猫勧進

和楽器アンサンブル 猫勧進

津軽三味線、和太鼓、箏、尺八。一緒に演奏することが難しいこれらの伝統楽器をシンセサイザーを触媒に見事に融合した日本唯一のアンサンブル

伝統楽器の可能性


猫勧進

この楽団の最大の魅力は作曲編曲能力にあります。
音の達人、シンセサイザーの菊地慶太は、国立音楽大学作曲科卒、東京学芸大学院で音楽教育専攻という、この分野に最適のキャリアを持ち、作曲家として活躍中。
邦楽器は楽器ごとに記譜やチューニング、文化が異なり一緒に演奏することが難しいのですが、それを長年の研究に基づいて克服した上、楽器の特性を生かしてジャズ風やロック風、ポップス風と自由自在に表現の幅を増やし、楽しく聴けて飽きない邦楽コンサートを実現しました。
知的で興味深い解説も相まって教育界からの評価が高く、各自治体の文化振興事業や国際交流事業、学校公演の実績を積み重ねています。
全曲オリジナルCD「進め猫勧進!」に続き「津軽!猫勧進」をリリース。

澤田勝邦(リーダー)プロフィール

1986年 澤田勝邦襲名
1995年 津軽三味線全日本金木大会にて青森テレビ賞受賞。NHK紅白歌合戦に出演
1997年 国際交流基金の海外派遣による津軽三味線ヨーロッパ文化交流ツアー公演に
            参加。イタリア、ドイツ、ベルギー、ポルトガルを歴訪
1998年 津軽三味線全日本金木大会にて大條和雄賞受賞。
            新宿コマ劇場、長山洋子公演に出演。
            全日本津軽三味線大会でじょんから節部門優勝、特別賞の金木町長賞を受賞
2002年 韓国斉州島ロッテホテル、細川たかし公演に出演。
            新宿コマ劇場、橋幸夫公演に出演
2009年 明治座、長山洋子、細川たかし公演に出演。
猫勧進を主宰する他、津軽三味線と邦楽の普及活動に全国をとびまわっている。

プログラム例

  1. 猫勧進オープニング オリジナル曲より
  2. 和楽器のレクチャーと演奏(伝統曲と現代曲を対比)
    津軽三味線
    - 伝統曲=曲弾き
    - 現代曲=スィングじょんがら三下り

    - 伝統曲=六段の調べ
    - 現代曲=花吹雪草子
    尺八
    - 伝統曲=鹿の遠音
    - 現代曲=風のセレナータ
    和太鼓 ソロ演奏
    シンセサイザー いろんな音
  3. 有名な伝統曲を鑑賞
    春の海、日本各地の民謡より
  4. 猫勧進和楽器体験コーナー
    箏のミニレッスン(1名)と和太鼓3~4名
    客席の皆さんも参加しての楽しい体験コーナー
  5. 猫勧進オリジナル曲より

監修:生涯学習音楽指導員 重本昌信

[メンバー構成] 4名または5名 ほかスタッフ(津軽三味線、和太鼓、箏、尺八、シンセサイザー)