芸術鑑賞や自主事業の支援 文化行政サポートセンターのトップへ文化行政サポートセンターのサイトマップ文化行政サポートセンターのご案内文化行政サポートセンターへのお問合せ

西村健司セクステット

洋楽界をリードする正統派グループが彗星の如く登場
夢をかなえた若手俊英たちが輝くステージ

ジャズ誕生100周年記念企画


2016年、トロンボーン奏者、西村健司により結成。
全員が名門・洗足学園音楽大学ジャズコースで学んだ若き俊英で、リーダー以外は全員20才代とあって、若さあふれる演奏が魅力。直球勝負の3管編成を身上としながら、メンバーそれぞれの個性が引き立つオリジナル曲やアレンジで、このバンドならではのサウンドづくりを目指している。各メンバーのソロプレイにもぜひ注目していただきたい。
2017年、第37回浅草JAZZコンテスト・バンド部門においてグランプリを受賞。ジャズライフ誌、ジャズワールド誌などに紹介され、将来の洋楽界をリードするグループとして脚光を浴びている。

リーダー 西村健司 プロフィール

西村健司1984年広島生まれ。11歳からトロンボーンを始める。
愛媛大学法学部入学と同時に軽音楽部に所属、ジャズとの出会いを果たす。卒業後、超有名企業に就職するもジャズへの情熱を捨てきれず、7年間の勤務を経て上京し、洗足学園音楽大学ジャズコースへ入学。優秀賞を得て卒業。
在学中はトロンボーンを向井滋春氏に師事。現在、仲山卯月、中山うり各氏率いる「パークハイツ楽団」や、歌あり笑いありの「marudashi trio」「Doodlebug's Bigband」に所属するほか、コンボやビッグバンドでの演奏など、都内を中心に精力的に活動している。

プログラム例(90分)

第1部 スタンダードジャズの名曲を集めて

  1. 西村健司セクステットVannamei's Blues/西村健司
  2. 聖者の行進
  3. ジャズはこうして始まった
    On the Sunny Side of the Street/Jimmy McHugh
  4. 1961年来日以降、日本を席巻したアートブレイキーのコーナー
    Let's Blues!
  5. 観客の皆さんの参加体験コーナー
  6. A列車で行こう/Billy Strayhorn 
    ジャズを代表する名曲中の名曲

    < 休 憩 >

第2部 懐かしき昭和時代の名曲

  1. いそしぎ/Johnny Mandel
    あの名画の主題歌
  2. Moon River/Henry Mancini
    オードリー・ヘプバーンの歌で世界中で大ヒットした映画の主題歌
  3. イパネマの娘/アントニオ・カルロス・ジョビン
    ボサノヴァを代表する名曲
  4. いつでも夢を/吉田 正
    橋幸夫と吉永小百合のデュエットで大ヒットした国民的名曲
  5. 夜霧よ今夜もありがとう/浜口庫之助
    石原裕次郎の歌で大ヒットした曲
  6. Sing Sing Sing/Prima Louis
    ベニーグッドマン楽団を代表するジャズの名曲

監修:生涯学習音楽指導員 重本昌信

[メンバー構成]:6名 ほかスタッフ
トランペット・トロンボーン・サックス・ピアノ・ベース・ドラム