芸術鑑賞や自主事業の支援 文化行政サポートセンターのトップへ文化行政サポートセンターのサイトマップ文化行政サポートセンターのご案内文化行政サポートセンターへのお問合せ
トップ > 音楽(公演型プログラム) > 独創的な企画 > 津軽三味線ロックンロール KUNIーKEN

津軽三味線ロックンロール KUNIーKEN

和のテイストとPOPSの融合に成功
ライブのノリで津軽三味線が炸裂!若者から中高年まで、共感度No.1

津軽三味線ロックンロール


津軽三味線は、撥ひとつと三本の絃で音楽を表現します。KUNI-KENは二人、つまり「二撥六絃 ~NIBACHI MUGEN ~」。
津軽三味線の伝統と風土の伝承をはじめ、三味線二丁でのパフォーマンスを生かしながら、新しい発想のオリジナル曲で津軽三味線の可能性に挑戦し精進を続けています。
若い兄弟が夢を追い続けて、ついに果たしたメジャーデビュー。それを支えた津軽三味線奏者の父。本公演で、夢をあきらめなければ実現することや家族愛、兄弟の絆の大切さをメッセージとして受け取って下さい。観客に夢と希望を与える公演です。

KUNI-KEN プロフィール

KUNI-KEN三重県四日市市生まれ
兄・KUNIAKI、弟・KENJIの津軽三味線兄弟ユニット
津軽三味線の全国大会、個人戦においては優勝をはじめ、多数の兄弟W入賞の成績をあげて全国に名が知られた
2003年 ファーストアルバム 「BROTHER」 をリリース
2004年 三重県文化新人賞を受賞
2005年 愛・地球博EXPOドームにてワンマンライブ。満席御礼3,000人を動員
2006年 アルバム「ニ撥六絃 NIBACHI-MUGEN」をリリース
2007年 トヨタ車CM曲として「ニ撥六絃」がインド国内でヒットし、インドツアーを行う。
セカンドアルバム「KUNI-KEN」をリリース
2009年 世界フィギュアスケート国別対抗戦開会式で出場各国の国歌演奏
2010年 ユニバーサルミュージックよりメジャーデビュー
2011年 シンガポールにおける経済産業省事業「クールジャパン」に出演し、注目される
2013年 アルバム「斬-ZAN-」をリリース。「暁の刻」がテレビCM放映
2015年 アルバム「NEO ZIPANGU」をリリース
2017年 ミャンマーの野外フェスで1万人動員。SUPERSONIC 2017に出演
現在、ジャパニーズプレミアムを発信する和楽器奏者として海外公演も多く、国際的に活動展開中

プログラム例

  1. KUNI-KENRun to the limit
  2. ヒューマン・シティー
  3. Open Your Heart
  4. 津軽じょんがら節 ~ 兄弟曲弾合戦 ~
  5. 疾風烈火
  6. Sky High
  7. ツバゼリ
  8. 調弦ショー
  9. PROGRESS ~ 遥かなる旅へ ~
  10. あくなき挑戦
  11. 二撥六絃 "NIBACHI-MUGEN"
  12. ジョンガリズム
  13. Be Happy

監修:生涯学習音楽指導員 重本昌信

[メンバー構成] 出演者2名+サウンドシステム ほかスタッフ *バンドバーション(6名)も可