芸術鑑賞や自主事業の支援 文化行政サポートセンターのトップへ文化行政サポートセンターのサイトマップ文化行政サポートセンターのご案内文化行政サポートセンターへのお問合せ

ストリングラフィ

糸電話の原理を応用した「ストリングラフィ」は、理科の要素の他、美術図工、身体表現の要素と音楽を統合した総合的な表現芸術として国際的にも高く評価されています

「嵐のワクワク学校2016」で人気グループ嵐と共演!

世界にたったひとつの巨大楽器


ストリングラフィ

ストリングラフィとは、1992年、作曲家の水嶋一江が山形県月山の山中で、森全体を大きな楽器にしてみようという実験から発案創作したオリジナル楽器と、その演奏スタイルの総称です。
会場全体が巨大な弦楽器にとなって響きわたり、その演奏は優雅なダンスのよう。
中学校の理科の教科書に登場し 2005年は愛知万博にも出演。連日超満員となり話題を独占しました。
その後のイギリスツアーも大好評のうちに幕を閉じ、特に海外公演では「新しい日本の音楽芸術」と新聞やテレビでも大きく取り上げられました。雑誌AERAや日経マガジンなど一流雑誌で特集記事を組まれ、人気テレビ番組にも出演、最近はノーベル物理学賞受賞のP.グリュンベルク博士がストリングラフィを使って講演を行うなど、国際的にも注目を浴びているグループです。

プログラム例

  1. アイネクライネ・ナハト・ムジーク/モーツァルト
  2. 大きな古時計
  3. 実験コーナー
    どうして音が出るのかを実験します
  4. カノン/パッヘルベル
  5. 山の音楽家 観客参加コーナー
  6. 世界に一つだけの花
  7. 森の記憶/水嶋一江
    ストリングラフィ誕生の地である山形県月山の麓の森をイメージして作曲したオリジナル曲
  8. 青磁/水嶋一江
    世界遺産にノミネートされた富岡製糸場での公演をきっかけに作曲した曲。
    青磁器の持つ独特な白色、その美しさを表しています
  9. 風の記憶/水嶋一江
    日本各地に伝わる伝統音楽をテーマにしたオリジナル曲

監修:生涯学習音楽指導員 重本昌信

[メンバー構成] 出演者3~4名 ほかスタッフ