芸術鑑賞や自主事業の支援 文化行政サポートセンターのトップへ文化行政サポートセンターのサイトマップ文化行政サポートセンターのご案内文化行政サポートセンターへのお問合せ
トップ > 日本の伝統文化 > 歌舞伎入門プログラム

歌舞伎入門体験プログラム

教育基本法第2条を具体化するプログラム
本公演を通じて、国際化社会の仲間入りに必要な教養を身につけてください

世界遺産指定

自国の伝統文化を知る


2000年、日韓文化交流事業での公演で、韓国の学生にもわかりやすい演目として好評を博した企画を、日本の皆さんにも提供します。以来、文化庁文化体験事業など行政の文化振興事業、学校芸術鑑賞事業、古典芸能公演の定番として数多く上演されているプログラムです。2020年には東京オリンピックを控えて世界が注目する中、私たちは日本人としてのアイデンティティーを確立することが急務です。中でも日本の伝統文化について語るに足る知識と教養があれば、大手を振って国際社会の仲間入りが出来るでしょう。本プログラムを鑑賞することによって、日本の伝統文化を礎とした日本の素晴らしさを知り、それを世界に発信できるよう、導いて頂きたいと思います。

プログラム例

第一幕 歌舞伎をとりまく世界を大公開 供奴

第一場

・歌舞伎の見どころ
・体験コーナー(しぐさ、ミエの切り方、殺陣、着付、化粧等)
・大向こうから声をかける方法

第二場

・歌舞伎で必ず使用される長唄三味線を紹介。「勧進帳」など迫力ある曲や心にしみる演奏を鑑賞。

第二幕 歌舞伎舞踊劇「供奴」(ともやっこ)

ところは江戸の華やかな盛り場、主人のお供をしてきた奴(やっこ)がはぐれ、片手に提灯を持って主人を探してまわるという歌舞伎舞踊劇。
奴さんのバレンという相撲の化粧回しのような衣裳で威勢よくキビキビと踊る、いわば歌舞伎のタップダンスです。
衣裳・化粧・所作に歌舞伎の魅力が凝縮された作品です

<制作協力>松竹衣装/大沢かつら/藤浪小道具/歌舞伎座舞台/伝統芸能プロデューサー 芦野孝男/生涯学習音楽指導員 重本昌信

 

[構成人数] 出演者、スタッフ 合計11名程度より