芸術鑑賞や自主事業の支援 文化行政サポートセンターのトップへ文化行政サポートセンターのサイトマップ文化行政サポートセンターのご案内文化行政サポートセンターへのお問合せ
トップ > 音楽(公演型プログラム) > 日本の音楽 > C.Patterson & B.Huebner 2人のアメリカ人による箏・尺八 DUO

C.Patterson & B.Huebner 2人のアメリカ人による箏・尺八 DUO

CURTIS&BRUCE日本に魅せられて邦楽演奏家になった2人のアメリカ人ビッグアーティストによる驚異のアンサンブル。

春の海、千鳥の曲、鶴の巣籠など代表的な古曲からジャズ、オリジナル曲まで幅広いレパートリーで話題は尽きません。

Curtis Patterson カーティス・パターソン(箏)プロフィール

CURTIS PATTERSON米国シカゴ出身
コーネル大学(アイオワ州)在学中に箏に出会い、1986年、勉強のため来日。
生田流箏曲の基本である地唄、段物等を学び日本の伝統音楽への理解を深める。
1990年 沢井箏曲院に入門。岩堀敬子、沢井忠夫、一恵両師に師事
1995年 「Kazue Sawai and Group OTOKO」アメリカ東部コンサートツアーに参加。外国人として初めてNHK邦楽技能者育成会を卒業。
Kyoto RecordsプロデュースCD「Japan Splendour of Koto」「鳥のように」、「SOEMON」他レコーディングに参加。
2000年 松坂慶子企画による朗読劇「天守物語」に箏・十七弦で出演
2002年 NHKテレビ「公園通りで会いましょう」に小椋桂と出演。元「鬼太鼓座」の井上良平・公平の新太鼓ユニット「AUN」全日本コンサートツアー全国57ヶ所で公演。コンサートシリーズ「箏衛門辞典」(全6回)企画・出演。ソロアルバム「音の輪」リリース
2003~04年 小椋佳「デジャヴー?赤のあとさき?」コンサートツアー全国34ヶ所で公演。マレーシアのレーン・フォーレスト・ワールド・ミュージック・フェスティバル(ボルネオ島、サラワク州)出演
2005年 ドキュメンタリー映画「偉大なるオブセッション、フランク・ロイド・ライト/建築と日本」ミュージックディレクター
2006年 「The Japanese Ne-Iro」箏ワークショップとコンサート(シカゴのジャパン・インフォーメション・センター主催)企画・出演
2007年 ブルース・ヒューバナーとのデュオCD「Going Home」リリース
様々なジャンルのアーティストとの活動、邦楽教育・指導により幅広い箏の世界を目指している。
沢井箏曲院師範、 横浜インターナショナルスクール邦楽プログラム講師、 箏アンサンブル・グループ「箏衛門」メンバー、 沢井忠夫合奏団団員。

Bruce Huebner ブルース・ヒューバナー(尺八・フルート)プロフィール

BRUCE HUEBNERカリフォルニア州サンタモニカ出身
1983年 カリフォルニア州立大学ノースリッジ校音楽学部卒業
1989年 カリフォルニア州立大学サンタバーバラ校東洋学修士課程修了。文部省給費留学生として来日。東京芸術大学邦楽科修士課程入学、故・人間国宝 山口五郎氏に師事
1994年 同大学を首席にて修士課程修了(外国人初)
1994年より福島学院大学助教授
1995年 琴古流尺八リサイタルを開催、師範となる
1998年 英語による「ビデオ尺八指南」全3巻を制作、海外で好評を得る
1999年 国際交流基金の助成でアメリカ各地の音楽祭、及び大学にて演奏。ジャズワールドミュージックのグループ「カンデラ」を設立
2002年 CD「MOGAMI」リリース。同年のステレオ誌ベスト5に選ばれ絶賛を浴びた。「カンデラ」は日本国内はもとより、ヨーロッパ、北アメリカでツア―を展開。ブルーノート(NY)をはじめ、大学、クラシック専用ホールなどで幅広く公演
2003年 トロント・ジャズフェステイバルには、日本から唯一の参加を果たす
2004年 八ヶ岳ジャズフェステイバル出演
2007年 箏のカーティス・パターソンとのデュオCD「Going Home」リリース
2008年 CD「風紋」「Deep Forest」、DVD教本「ジャズ尺八」をリリース。スーザン・オズボーンと日本ツアー
2009年 英語板「ビデオ尺八指南-ジャズ尺八-」リリース
2010年 カーティス・パターソンとともにバンクーバー多文化協奏オーケストラと共演
オリジナル曲「天戸川」はメトロポリタン美術館(NY)内のテーマ曲となる。
教育にも熱心で、2013年まで福島県立医科大学等で音楽講師を勤めた。その傍ら東日本大震災後は被災地を回わって、精力的にコンサートを重ねている。

プログラム例

  1. 箏と尺八のデュオAfter the Rain/J.コルトレーン
  2. 春の海/宮城道雄
  3. 花/喜納昌吉
  4. Sunday Afternoon/カーティス・パターソン
  5. 千鳥の曲/吉沢検校
  6. 野バラに寄せて/E.マクダウェル
  7. 鳥のように/沢井忠夫
  8. 鶴の巣ごもり/尺八本曲
  9. ダニーボーイ/アイルランド民謡
  10. はやてのジグ
  11. Deep Forest/ブルース・ヒューバナー

監修:生涯学習音楽指導員 重本昌信

[メンバー構成] 2名 ほかスタッフ