芸術鑑賞や自主事業の支援 文化行政サポートセンターのトップへ文化行政サポートセンターのサイトマップ文化行政サポートセンターのご案内文化行政サポートセンターへのお問合せ

東京楽竹団

竹は、自然と人間の共生を考える21世紀の素材
その竹の芸術に身をゆだねる驚きと至福の時間

自然との共生を考える


東京楽竹団

日本の社会に深く関わってきた「竹」を用い、響きを創造し楽器を作り音楽を奏でる人々の集まりが「東京楽竹団」。その音創りは、竹林に入り一本一本竹を切り出す作業から始まり、楽器から演奏までの一貫した「ものつくり」を特徴としています。演奏に関してもオリジナル曲・アレンジ曲共に、多彩な表現を駆使して独自の竹音楽の世界を創り出しており、そのオリジナリティ溢れる楽器・楽曲は独自の世界観を作り出しています。
竹マリンバを中心に、アジア各国の竹楽器や大小様々な竹による民族楽器、日本の竹楽器である尺八、さらにオリジナルの創作楽器を加えた「竹のオーケストラ」は世界でも類のないアイデアを満載して、竹が発する自然界からのメッセージを伝えます。

プログラム例

  1. tokyo-rakutakedan_480_2015戦颱風(せんたいふう)
    中国の軽快な曲でオープニング
  2. 童神 ~ 天の子守歌 ~
    どこか懐かしい沖縄のメロディーを、オルゴールのような竹の響きで
  3. 竹の大地/橘政愛
    低音の竹楽器を使って、大地から竹が生えてくる力強さを表現した曲
  4. 季節の日本の歌(公演時期に合わせた季節の曲を選曲)
    さくらさくら、茶摘み、祭り、赤とんぼ、椰子の実 など
  5. 上を向いて歩こう/坂本九
    竹筒の両側で違う音が出るオリジナル楽器「コスポン」を使った愉快な演奏
  6. シクロに乗って
    ベトナムの自転車タクシー「シクロ」が、あちこち動き回っている様子をマウイマリンバで表現した曲
  7. アンダー・ザ・シー/ディズニー映画「リトル・マーメイド」より
    オリジナル創作楽器「竹マリンバ」で演奏
  8. 手マリ唄
    竹マリンバの鍵盤だけを取り出して、手まり遊びの様子を表現した曲
  9. Take me out to the ball game
    インドネシアの民族楽器アンクルンを使って演奏
  10. 花/嘉納昌吉
    沖縄で生まれ、世界中で愛されている普遍的名曲
  11. 島唄/宮沢和史
    波筒(なみづつ)で奏でられる波の音に乗って、美しい沖縄音階の旋律を尺八が奏でます
  12. ジュラ紀/矢吹誠
    フィナーレにふさわしい壮大な曲

監修:生涯学習音楽指導員 重本昌信

[メンバー構成] 出演者7名 ほかスタッフ