芸術鑑賞や自主事業の支援 文化行政サポートセンターのトップへ文化行政サポートセンターのサイトマップ文化行政サポートセンターのご案内文化行政サポートセンターへのお問合せ

ザ・ビートピア

高度成長期を象徴するビートルズの音楽で地域を元気アップ

若者のケイオンやオヤジバンドも巻き込んでみんなをつなげよう

ビートルズでまちづくり


ザ・ビートピア

世界音楽史に名を刻んだビートルズが解散してから40年以上の月日が経つけれども、彼らの残した音楽は、21世紀を生きる僕らの心に時代を超え、普遍性を持って響く。ライブを通じてそのすばらしい音楽を肌で感じて欲しい。そんな思いを胸に4人が集まった。2010年6月結成。

リーダー:松崎晃之 プロフィール

ビートルズが来日した年(1966年)の12月27日、この世に生まれる。16歳でドラムに目覚めた。プロドラマーとしてのキャリアは、1990年のアイドルのサポートが始まり。後に海老沢一博氏に師事。
1991年に加入したビートルズのコピーバンドThe Parrotsでは、ビートルズの聖地リバプールで、毎年行われるマージー・ビートル・フェスティバルに、1994年より計6回出場。また、2001年にはライブCD「Please Please Me The Parrots Live At Abbey Road」をリリース。
現在は自己のリーダーバンドBEATOPIAやBEATRIOをはじめ、HOT KUMA、QUEENESSのメンバーとして、また、寺尾聰、三好鉄生、加藤健、永沼忠明のサポートも務める。
ビートルズのコピーバンドの第一人者として高校の音楽教科書に紹介されており、全国的によく知られている。
2007年4月「松崎晃之・ドラム・スクール」を開校。後進の指導にもあたる。

プログラム例

第1部 初期~中期の楽曲
デビュー作は1962年発売の「ラヴ・ミー・ドゥ/P.S.アイ・ラヴ・ユー」 日本では1964年のシングル「抱きしめたい/ジス・ボーイ」

  • 抱きしめたい(1964年)ザ・ビートピア
  • プリーズ・プリーズ・ミー(1964年)
  • シー・ラヴズ・ユー(1964年)
  • キャント・バイ・ミー・ラヴ(1964年)

1966年ビートルズ来日時に演奏された曲目

  • ひとりぼっちのあいつ(1965年)
  • アイ・フィール・ファイン(1965年)
  • イエスダデイ(1965年)

映画「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」「4人はアイドル」の主題歌・挿入歌

  • アイ・ニード・ユー(1965年)
  • ヘルプ(1965年)
  • ア・ハード・デイズ・ナイト(1964年)

第2部 中期~後期の楽曲
音楽史に残こるコンセプトアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」(1967年)

  • サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
  • ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ
  • ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ

アルバム「ラバー・ソウル」「リボルバー」「ホワイト・アルバム」「アビー・ロード」「レット・イット・ビー」から名曲をチョイス

  • レット・イット・ビー(1970年)
  • ノルウェーの森(1965年)
  • ドライブ・マイ・カー(1965年)
  • ヒア・カムズ・ザ・サン(1965年)
  • ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス(1968年)
  • レイン(1966年)
  • バック・イン・ザ・U.S.S.R.(1968年)
  • 市町村歌 市町村歌をビートルズ風にアレンジ

監修:生涯学習音楽指導員 重本昌信

[メンバー構成] 出演者4名 または ピアノを加えた5名 ほかスタッフ